UXピアノ

大切なピアノを傷つけず壊さずに移動、運搬する方法とは

オススメリンク

ピアノを移動する際は必ず專門の業者に依頼をお勧めします。確実な技術で安全に運んでくれますよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピアノの運送保険効果

道路

楽器は、音楽を奏でるための専門の道具です。
楽器には長い歴史を持つものも多く、音楽文化の発展に強く貢献しています。
その中でも音楽文化において、重要な意味を持つのがピアノです。
ピアノは広い音域を持ち、自由な音楽表現が可能な楽器です。
そのため、現在の音楽に必要不可欠な楽器として、その地位を築いています。
しかし、ピアノは他の持ち運びを前提とする楽器と比べると、サイズが大きいのが難点です。
本格的な演奏を行うとなると、そのサイズはどうしても大きくなってしまいます。
引越しの際には、この楽器をを引越し先まで移動させるための運搬手段が必要です。
貴重な価値ある楽器を損傷させないために、専門の運搬業者に移動を任せるのも方法です。
さらに、万が一のことを考えての対策として、工夫することができるのは、運送保険に加入するという方法です。
運搬専門の業者による慎重な輸送対策であっても、条件が重なれば事故を引き起こすことも可能性としてあります。
ピアノの遠方への移動に、絶対に安全ということはありません。
そのため、もしもの事故の場合にピアノが破損し、大きな経済的損失を被ることも可能性としてあり得ることです。
そこで、あらかじめピアノを移動させる前に、運送保険に加入しておくことにより、万が一の破損に対して保障を受けることができます。
その保障金を用いて、ピアノの破損箇所に対して修理を行ったり、あるいは別のものを新たに買い換えるといった対策を立てることができます。
ピアノは繊細で運搬することが難しい楽器です。
そのため、運送保険で移動の際の事故に備えておく事は、十分に見合った対策です。
運送保険に加入するための出費は支払ったとしても、安心して大型の楽器の移動ができるとことを評価すれば、採用する価値は十分に認められます。
事前に起こりうることを予測して、万全に体制で対応策を立てておけば、もしも失敗したとしてもその損失を取り戻すことが可能です。

ピアノの運搬について

夜道

一般的に、ピアノの大きさはアップライトで間口が約160cm、グランドピアノでは一番大きいもので奥行きが約230cmもあります。
重さも、一番重いもので、アップライトで約280キロ、グランドピアノであれば最大410キロもの重量のものもあり、思う以上に大きく重い楽器です。
こうしたピアノは大きく重いだけでなく、非常に繊細であり貴重な楽器です。
同じ家の中で場所を移動するにせよ、引越しをするにせよ、移動させる際には細心の注意と労力が必要になってきます。
まず引越しの際には、ピアノの移動は専門の運搬業者に依頼することが望ましいです。
普通の家具や電化製品と同じように、ただ積んで運べばよいというものではありません。
その機能性や寿命、音色など、さまざまな点において、素人では保障できない部分が大きいです。
また大きな楽器であり、特にグランドピアノの場合には形も奥行きや高さがあり特徴のある形であるがゆえに、エレベーターに乗らなかったり、もしくは家のドアから入らないこともあります。
そのような場合には、横向きにした状態でエレベーターに乗せたり、またクレーンにより吊り上げて窓から家の中に入れないといけない場合も出てきます。
その際にはよりいっそう、楽器の外部も内部も、傷つけないようにする必要が出てきます。
特殊な搬入出になりますので、専門的な知識のある業者に頼むことが安心ですし、クレーンで吊り入れる場合などは料金も変わってくるので、よく確認しておく必要があります。
そして家の中で、ピアノを部屋移動する際にも、できることなら専門の運搬会社に頼むことが安心です。
持ち上げたり引きずったり、時には階段を移動しなければならない場合など、ほんの少しの振動や打撃により、楽器の内部に問題が生じてしまうことがあります。
長く大切に一番良い状態のままで使い続けたい楽器であるからこそ、その運搬にはできる限りの気遣いが必要になってくるのです。